OPERATION

■How and where is Drole making? / どこで、どんな風に作ってるの?

テキスタイル・デザインに長年携わり、数多くのプリントを生み出してきたデザインチームと、
山梨、尾張一宮の機屋さん。
そして京都のプリント工場が手を結び、ドローレのストールは完成します。

【DESIGN】

年間数千柄のオリジナルデザインを生み出すデザイナーたち。
その数えきれないくらいの図案を厳選して、テーマごとに繋ぎ合せて、プリントすることで、世界に1つ、アナタだけのストールとめぐり会うことが出来ます。

【FABRIC】

昭和の時代から残る年季の入った織機たち。
そんな織機で職人さんが大切に織り上げるドローレの生地はどこか懐かしく、温かい仕上がりとなっていることと思います。

【PRINT】

ドローレが提案する図案は色数も柄も無限に拡がります。
そんなドローレの世界を表現するには、4色の配合で無限の色を生み出せるインクジェットが最適と考えました。京都の老舗工場さんの職人さんが、こだわりの色を現実の世界に生み出してくれます。